千葉での会社設立、会社設立の流れ、会社設立の費用、会社の資本金、会社の商号、会社の目的、起業、電子定款作成のご相談は行政書士 千葉県庁前事務所

HOME » 会社設立関連情報 » 株式会社と合同会社の違い | 会社設立ワンストップセンター千葉

株式会社と合同会社の違い

株式会社・合同会社のメリット・デメリット

会社設立というと株式会社設立が一般的ですが、設立コストを安く抑えられる合同会社という会社の形態があります。この株式会社と合同会社にはどのような違いがあるのでしょうか?
株式会社と合同会社の違い
では、株式会社・合同会社にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?この点について一覧表にまとめてみましたのでご覧ください。

株式会社のメリット・デメリット

メリット デメリット
認知度が高く、商取引がスムーズに進みやすい。 設立時の登録免許税が高い。
株主を募集することにより、多額の事業資金を調達しやすい。 定款認証手続きに5万2000円程度必要となる。
出資と経営の分離を明確にすることができる。 決算公告を毎事業年度ごとに行う必要がある。
規模に合わせた柔軟な機関設計が可能。 役員の任期が満了する度に改選手続きを行う必要がある。
求人に対する反響が良い。 株主が多数となった場合に株主名簿の管理が大変となる。

合同会社のメリット・デメリット

メリット デメリット
設立時の登録免許税が安い。 社長は代表取締役ではなく、代表社員の肩書きとなる。
定款認証手続きが不要。 世間的に零細(小規模)企業のイメージが強い。
決算公告の義務がない。 決算公告義務がないため、取引企業に敬遠される可能性がある。
出資と経営の一本化により迅速な意思決定が可能。 社員(出資者)同士で対立が起きると意思決定がストップする。
出資割合に関係なく利益配分を決定できる。 合同会社の認知度が低く、求人に対する応募に影響がある。

上記はほんの一例ですが、起業家の皆様の実情に合わせて株式会社か合同会社かを選択していただければと思います。
合同会社は株式会社よりも比較的簡単な手続きで、設立に関するコストも安くできますが、名刺に代表取締役の肩書が使用できず、株式会社に組織変更したいという声を時々お伺いしますので、会社の組織形態の選択については、コストだけでなく経営面も含めて慎重に判断していただく必要があります。

お問い合わせはこちら

行政書士 千葉県庁前事務所
行政書士・起業コンサルタント 山下敬司
所在地 〒260-0855 千葉県千葉市中央区市場町2-15 渡辺ビル304
TEL:043-301-3654
FAX:043-301-3653
MAIL:info@kaishasetsuritsu-chiba.com
営業時間:メール相談は24時間受付 TELは9時から18時
(*夜間及び土日祝日の事前予約により対応しております。)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab